腰痛改善したい!そんな人は腰を温めて腰痛マットレスを使う!

腰痛で苦しんでいる人って結構多いのではないでしょうか。

残念ながら私もその一人で腰痛とはなが~い友達です。

何とか痛みが出る頻度を少なくできないか、何とか痛みを少しでも楽にする事はできないかと悩んでいたものです。

いや、今も悩んでいるのですが。

自分の実践して効果があった方法を少しご紹介。

まずはとにかく温める。

他には腰痛マットレスを使って寝る事が一番効果的と言えるでしょう。合わせて温める事で更に効果をあげていくことが出来るのです。

冷えている時に曲げたりひねったりすると腰がピキッと痛むのを何度も経験しているので春でも秋でも冷えていると感じたらカイロや腹巻でとにかく温めます。

正直、自分でも恥ずかしいと感じますが腰痛で苦しむより万倍マシです。

しかし、流石に夏はこの方法は厳しいです。

2つ目は良い姿勢を保つ。

姿勢が悪くなると(特に猫背ですね)だいたい腰にきます。

姿勢の悪いまま重たい荷物を持ったりくしゃみをすると本気でヤバイです。

私はくしゃみでギックリ腰になりました。

ホントくしゃみは侮れません。

いい姿勢を四六時中キープしましょう。

3つ目は軽い運動をする。

腰痛持ちさんは腰痛持ち故、運動不足の方が多いと思います。

だって激しい運動をすると余計に腰痛が悪くなりますもんね。

なので、散歩程度でOKです。

少しでも体を動かして腰の筋肉をつけて支えるのです。

私はこれらの方法でだいぶ腰痛が楽になりました。

ただ、これらの方法は全ての腰痛持ちさんに当てはまる訳ではありません。

骨に問題がある人が運動なんてしてしまうと更に悪化してしまう事もあります。

まずはお医者さんと相談して、自分に合う方法を探すのが一番だと思います。

腰痛は人それぞれ。

自分に合う方法を探しながら焦らず、そして、諦めず頑張っていきましょう。

腰痛を防ぐ私の絶対に外す事の出来ない3点セット

お風呂で血流を良くして、腹巻もして、さらに冷えないようにパジャマも中に入れて寝床に付きました。私のベッドには腰痛を防ぐ工夫がしてあります。それは、羽毛布団、枕なし、足元に座布団1枚です。羽毛布団にするのは、暖かい理由もありますが、軽いので腰に負担がかからないからです。枕なしにしたのは、1年程前からで、使っていたビーズ入り枕の高さが合わなかったので、腰をツイストする寝方になっていました。朝になると、腰痛で椅子に座りたくないほどでした。さらに、お腹への血流も滞ったみたいで、腹痛も起きました。間違いなく枕が原因だとやめてから、良くなりました。足元の座布団を思いついたのは、足を高くすると心臓までスムーズに血液が流れるという情報を知ったのがきっかけです。なんとなく腰が痛いと感じたときに試してみたら、腰が圧迫されないことに気付き、使えると思いました。それ以来、この3つは外せません。きのうもしっかり実践しました。しかし、寝相が悪すぎて朝から腰痛です。朝起きると左側に大きく布団が傾いていました。腹巻もズレて、お腹が出ていました。

腹巻を外したことで、朝から腰痛がする

春になって暖かくなったことで、腹巻を外してしまいました。もう大丈夫だと思ったのに、外したことでお尻が冷えて、腰が痛くなりました。それも症状が起きたのが朝起きてすぐで、腹巻をしてお尻にこたつを当ててしばらくマッサージしました。温めれば1時間もすれば良くなると思ったら、やっぱり良くなったのですが、これがしばらくするとまた腰痛が襲ってきました。結局一時的にしか痛みから解放されませんでした。苦痛な時間を過ごすのは嫌なので、足元に座布団2枚を乗せて温かくして寝てました。これを続けて良くならなかったら鎮痛薬を飲むつもりでいたら、午後にはすっかり良くなりました。治すためには温めるのはもちろん、腰への負担を減らすこと、足元の血流を良くすることが大切みたいです。そして、腰痛の度に思うことがあります。いつも腰が痛くなる時はお尻を触ると決まって冷たいのです。血流の悪さが腰の痛みを強くするみたいです。すべての人が当てはまるわけではありませんが、結局のところ腰痛って冷え性と縁がある気がするのです。 私の周りの人には、腰痛持ちの人が意外と多いです。長女に関しては、間近で見ているのでかわいそうになってしまいます。特に階段の昇り降りが辛いらしく、両手で手すりを握り締めそれを頼りに利用しています。整形外科にも通っているようで、湿布を貼っていたらその部分だけ、長方形に赤く腫れ上がってしまいました。今は内服薬を服用しているようです。

所が私も、半年位前から腰が痛むようになってきました。一年前にケガをして、圧迫骨折をした事があり、ひと月に一度手首の関節痛の為、整形外科へ通院しているので、医師に関連が有るのか聞いてみました。しかし、痛む場所が全く違うので関連は無いと言われました。長時間座りっぱなしの仕事をしているので、それが原因だろうと言うのです。

大分前に、介護の仕事をしていましたが、その時の方が明らかに腰には負担が掛かっていたはずなのに、腰痛にはなりませんでした。

つい最近、テレビで腰痛に関する事をやっていて、[拾い物体操]というものを紹介していました。椅子に座り、足を開いてその間に缶の飲み物を置き、両手で拾うのです。それを10回繰り返し、1日3セット行うそうです。

どんどん悪化してしまわないように、改善できる事があれば実行していこうと思います。

赤ちゃんとの生活には腰痛はつきもの

我が家には生後6か月になる赤ちゃんがいます。どんどんと大きくなる我が子ですが、その体を長時間抱っこしなくてはならないので、当然腰にも負担が襲ってきます。私も最近までは大丈夫だったのですが、6キロをすぎたあたりから本当に重たく感じるようになってきました。特に腰痛が一番つらく感じるのは朝です。朝、布団から起き上がろうとしても腰が痛くて起き上がれないのです。さらに寝返りを打とうとしても身動きが取れません。しかし、なんとか起き上がり、数分体を動かしたりしていると、不思議と腰痛はなくなっています。腰がこわばっているのが原因だそうですが、この症状は赤ちゃんを抱っこしなくなるまで続くようです。なんとか少しでも楽にしようと接骨院にも通ってみましたが、その場限りの効果であまりすっきりした実感がないので、諦めています。抱っこをし続けるのも大変ですが、残りわずかの時間にもなると思うので、もう少しだけ腰痛に耐える決意が必要なんだなと思いました。